カテゴリ:経緯とVerUPの予定は?( 4 )

Ⅹ 更新情報

1.更新履歴
2010.11.11 Ver1.3.11.7 ダウンロードサイトVector公開
2010.11.7 Ver1.3.11.7 ダウンロードサイトVector公開申請 行動枠一覧表示&検索機能の改善,注目行動枠赤色変更・注目行動のみ連続再生機能追加,ドラグ&ドロップ操作で授業分析Lnlデータをタイムラインに追加する機能追加 【バージョンアップの詳細はこちら】
2010.10.21 Ver1.3.10.18 ダウンロードサイトVector公開
2010.10.18 Ver1.3.10.18 ダウンロードサイトVector公開申請 DirectX利用方式変更,操作性改善,行動一覧&検索機能追加 【バージョンアップの詳細はこちら】
2010.8.11 Ver1.3.8.7 ダウンロードサイトVector公開
2010.8.7 Ver1.3.8.7 ダウンロードサイトVector公開申請
2010.8.7 Ver1.3.8.7 二重起動禁止による重複起動時のエラー解消,行動一覧パネル追加時の重複チェック
2010.7.1 Ver1.3.6.29 ダウンロードサイトVector公開
2010.6.29 Ver1.3.6.29 FDプロテクタに対応
2010.5.28 Ver1.2.5.26
2010.5.26 Ver1.2.5.26 ドライバやDLL等のシステムファイル不要の新方式Windows2000,XP,Vista,7(32Bit/64Bitとも動作確認済み)USB プロテクタに対応,行動一覧パネル表示ボタン改善
2010.4.29 Ver1.1.4.16 Windows7とExcel2010の環境での正常動作を確認
2010.4.19 Ver1.1.4.16 ダウンロードサイトVector公開
2010.4.16 Ver1.1.4.16 Windows7(64bit)での動作,USBプロテクタに対応
2010.3.19 Ver1.1.3.17 ダウンロードサイトVector公開
2010.3.17 Ver1.1.3.17 画面リサイズ・映像表示最適化,分析データファイル容量制限解除(64KB→2GB)
2010.3.15 Ver1.1.3.9 ダウンロードサイトVector公開
2010.3.13 Windows7とExcel2007の環境での正常動作を確認,Windows7+WindowsMediaPlayer12+Codec8.3pでDVDも再生できることを確認
2010.3.9 Ver1.1.3.9 完成・Vector登録申請(タイムライン数n化)
2010.2.26 Ver1.0.2.26 完成(1画面方式・スクロール方式・タイムライン数3・映像変換なし・3倍速可)
2010.2.1 Ver1.0 開発着手(はじめから作り直し)
2009.8.5 Ver0.0.0.6 バク取り(Wizard方式・マットボタン方式・タイムライン数1・音声変換に問題あり)
2009.7.1 Ver0.0.0.1 完成
2009.5.1 Ver0.0 開発着手(五里霧中状態での開発スタート,利用者が見えないので時間が掛かる)
[PR]
by lanalysis | 2010-03-09 06:25 | 経緯とVerUPの予定は?

Ver1.3.10.18のバージョンアップ内容

f0224288_2016580.jpg

 『2010'ひとりでできる授業分析』Ver1.3.10.18のバージョンアップ内容は以下の通りです。
0.Windows Media Player利用方式からDirectX利用方式に変更
 これまでWMV形式を基本に開発してきましたが,デジカメで撮った動画形式のまま利用したいとの要望にお応えして,Windows Media Player利用方式からDirectX利用方式に変更しました。
①動画利用時の時間表示
 これまで動画利用時には,タイムトラッカーを末尾まで移動しないと動画時間がわかりませんでした。これを改善いたしました。
②行動名入力欄の新設
 行動枠(箱)を右クリックして表示されるポップアップメニュー「行動名変更」で変更できるようにしていました。しかし,授業記録中に行動名の変更をしたいとの要望にお応えして,コメント入力同様に授業記録中に変更できるようにしました。
③行動名未定入力機能追加
 何らかの行動に変わったことがわかっても,変わった時点では,どのような行動名にしたらいいのかわからないので「空」の行動を設定できないかとの要望にお応えして,機能を追加しました。
 「空」の状態は,タイムライン上の行動枠(箱)のない場所をクリックするか,他の行動終了時に「終了」ボタンを押すと設定できます。ただし,適当な行動名を選んで「2.行動名入力欄の新設」の機能を利用して変更することでも同様の機能が実現します。
④行動枠(箱)のヒント表示機能追加
 比較的短い時間の行動は行動枠(箱)に表示しきれないためわかりにくいとのご指摘を受け,行動枠(箱)のヒント表示に行動名とコメントを表示する機能を追加しました。マウスを行動枠(箱)の上に持ってくるだけで表示されます。
⑤現在位置バーの移動機能追加
 秒単位の細かな移動をできるようにして欲しいとの要望にお応えして,これまで固定であった「現在位置バー」をDrag&Drop操作で移動できるようにしました。これにより,秒単位での動画再生位置を変更できるようになりました。ただし,現在位置バーの移動後は,その位置を中央に配置するようにスクロールします。つまり,現在位置バーは基本的には中央に位置します。
⑥行動枠(箱)のクリックによる現在位置の変更機能追加
 行動枠(箱)の動画を指定して動画再生をしたいとの要望にお応えして,クリックするとその行動枠(箱)を中央の現在位置バーに合わせるようにスクロールする機能を追加しました。
⑦作成した行動枠(箱)の一覧表示と検索機能追加
 どのような行動がどの位置にあるかを探せるようにして欲しいとの要望にお応えして,作成した行動枠(箱)の一覧表示と検索機能を追加しました。
 この機能は,行動一覧パネルを右クリックして利用します。行動一覧パネル上の行動をクリックしてから右クリックする(【行動名】指定)と,その行動名が一致した作成した行動枠(箱)の一覧が表示されます。また,何も指定しない(【】指定)と行動名が未入力の作成した行動枠(箱)の一覧が表示されます。さらに,右クリック直後に表示される入力画面で,【ALL】と指定すると全ての作成した行動枠(箱)の一覧が表示されます。
 また,【・・・】の後に検索語を入力すると,指定した行動名でコメント欄に検索語の内容を含む行動枠(箱)の一覧が表示されます。
[PR]
by LAnalysis | 2010-03-09 06:20 | 経緯とVerUPの予定は?

Ⅹ 更新情報

2.今後の開発予定
・Excel表示に加えて,ドロー系ツールを使ったより一層の授業改善支援ツールを目指します。
・研究授業等,様々な分析データを有機的に結合するネットワーク・データベース・カルテ化を目指します。
・ティーチング・ポートフォリオ,ラーニング・ポートフォリオを目指します。
[PR]
by lanalysis | 2010-03-09 06:08 | 経緯とVerUPの予定は?

Ver1.3.11.7のバージョンアップ内容

f0224288_11274961.jpg

 『2010'ひとりでできる授業分析』Ver1.3.11.7のバージョンアップ内容は以下の通りです。
①行動枠一覧表示
 行動一覧パネルにある行動リスト上で右クリックすると,該当するタイムライン上にある行動枠の一覧が表示されます。Ver1.3.10.18では,常に検索画面を表示していましたが,右クリックで直ちに一覧表示するように変更しました。
②特定行動検索
 行動一覧パネルにある行動リスト上で特定行動をクリックし,なおかつ,右クリックで表示される行動枠一覧の1行目「行動枠の検索(・・・)」をクリックすると,特定行動検索画面が表示されます。【】内には特定行動名が示されています。【・・・】の状態で「OK」を押すと,特定行動名が一致する該当するタイムライン上の行動枠の一覧が表示されます。また,【・・・】の後ろに検索語を指定すると,特定行動に該当する行動枠のコメント内に検索語に指定された文字列を含む行動枠の一覧が表示されます。
③全ての行動検索
 行動一覧パネルにある行動リストの右クリックで表示される行動枠一覧の2行目をクリックすると,全ての行動検索画面が表示されます。【ALL】の状態で「OK」を押すと,該当するタイムライン上の全ての行動枠の一覧が表示されます。また,【ALL】の後ろに検索語を指定すると,全ての行動枠のコメント内に検索語に指定された文字列を含む行動枠の一覧が表示されます。
 この機能は,②特定行動検索で特定行動名の入った【・・・】を【ALL】に変更しても全ての行動検索ができます。
④選択行動枠へ移動
 行動一覧パネルの右クリックで表示される行動枠一覧の3行目以降をクリックすると,その行動枠のある位置にタイムラインが移動します。
⑤注目行動赤色変更
 タイムライン上にある行動枠をクリックするか,④選択行動枠へ移動により移動して選択状態にし,なおかつ,右クリックで表示される「行動枠を赤色に変更する」をクリックすると,選択した行動枠が赤色に変わります。また,赤色になっている行動枠を選択して,右クリックして表示される「行動枠を元の色に戻す」をクリックすると元の色に戻ります。
 なお,「授業分析データをExcelで表示する」機能で生成するExcelシート上のセルにも赤色が反映されます。
⑥注目行動(赤色行動枠)のみ連続再生
 全てのタイムライン上で赤色になっている行動枠が1つ以上ある場合に,クリックできます。クリックすると,赤色になっている行動枠のみを連続して再生します。 また,この連続再生中に,再度,このボタンを押すと,赤色になっている次の行動枠に移動します。
 なお,複数のタイムライン上で,赤色になっている行動枠の時間帯が重なっている場合には,連続した時間帯を1つの赤色になっている行動枠とみなして再生します。
⑦ドラグ&ドロップ操作で複数のLnlデータをタイムラインに追加する機能
 研究授業などで,同一の授業を別々に授業分析した複数のLnlデータを1つにまとめることができます。ただし,ドラグ&ドロップする時点での時間設定内でタイムライン上に行動枠が追加されます。
[PR]
by LAnalysis | 2009-05-31 10:29 | 経緯とVerUPの予定は?