Ⅰ 概要

1.授業改善をお考えの小学校・中学校・高校・大学の先生方に
 
■授業者によるビデオ(音声)を利用
 ポケットに入るビデオやICレコーダーを使って録画等し,これを授業分析の資料とします。授業者によるビデオ(音声)を録画等できる方が対象となります。

■授業速記録
 過去の授業や他の先生の授業と差異分析する際に,録画等のデータを常に再生していたら,時間が掛かりすぎます。そこで,分析中に「行動コメント」という速記録を入力できるようにしています。この情報は,Excelシート生成時に,分析情報とともにセットされます。表示・印刷しておけば,録画等のデータを再生しないでも差異分析できます。

■n倍速の授業分析
 ビデオ(音声)を利用した授業分析には,通常,授業の時間以上掛かると言われています。本ソフトは,再生スピードを0.1速から3倍速まで変えることができ,授業分析時間を短縮できます。

■10のタイムラインによる授業分析
 ビデオ(音声)を利用した授業分析法には,「教師と生徒の行動分析」「S-T授業分析」「コミュニケーション分析」「ジェスチャーの表出からみた分析」「理解を深める発話の質的分析」があります(神奈川県立総合教育センター研究成果物等刊行物である高等学校版 授業改善のための授業分析ガイドブックより)。
 「S-T授業分析」は,30秒間隔で授業場面を「教師の行動」「学習者の行動」のいずれか多い方の記号で表しS-Tグラフを作成します。これは,タイムラインが1つなのです。実際は,「教師の行動」「学習者の行動」が同時に起こり得ます。したがって,最低でも,タイムラインは2つ必要です。
 「教師と生徒の行動分析」の教師の活動では,「説明場面」「板書場面」・・・とあります。チェックを付けるだけですので,タイムラインは場面の数必要になります。しかし,教師の活動は「~しながら」「~する」と同時に2つ程度と考えられますので,学習者の活動と合わせて,タイムラインは3つです。しかも,この分析は,「S-T分析」を含むことになります。
 「理解を深める発話の質的分析」は「表象的発話」「操作的発話」でタイムラインは2つです。
 「教師と生徒の行動分析」と「S-T授業分析」に3つ,「コミュニケーション分析」に3つ,「ジェスチャーの表出からみた分析」に1つ,「理解を深める発話の質的分析」に2つの計9つのタイムラインが同時に表現され,Excelシートに生成,時間集計されます。

■リフレクション分析で振り返りが容易
 差異分析や特定の行動を確認する際に,タイムトラッカーを移動して行動を見つけたら,すぐに録画等を部分再生することができます。リフレクション分析で振り返りが容易にできます。
 
[PR]
by lanalysis | 2010-04-19 22:56 | だれの役に立つの?
Ⅰ 概要 >>